あんふぁんメイト

「あんふぁん」「あんふぁんぷらす」本誌でも活躍する「あんふぁんメイト」は読者を代表するスペシャルサポーター。あんふぁんメイトがブログで日々のちょっとためになる情報を発信します。

私らしくが一番◎5兄妹ワーママ全力記

【オリンピック公認】パラスポーツ体験!指導と笑いありのスポーツフェス★

子供達が学校から配布されるプリントはイベント告知が多く、この時期はフェスやお祭り、体験や教室の案内で毎週のように「あれに行きたい」「これに行きたい」「今日はどこへ行くんだ」と子供達にリクエスト(催促)をされています。
特に「無料」「エコ」「参加自由」「こども」というワードに弱いママ。疲れていてもマストな予定が無ければ、ついイベントに子供総連れで足を運んでしまう、お出かけ大好きなファミリー(主にママ)です。

この日は新宿コズミックセンターでオリンピック・パラリンピックのフラッグが展示されるセレモニーとパラリンピックの競技が3歳児から無料で体験出来るというスポーツフェスタが同時で開催されるという告知が気になっていたママ。

▼結構有名な選手や吉本芸人さんにも会えるですって?!
061618

「イチ区民ならこの目で見て本物を見なければ!」という区民税課税対象者の心を動かし、子供達と参加してきました。

パラスポーツフェスタって?


パラスポーツフェスは新宿区が主催のオリンピック公認プログラムです。子供達にパラスポーツ(障害者スポーツ)への理解と認識を深めてもらうことを目的としたイベントの一環で、芸人さんのトークショーや体操教室、各種パラスポーツをメダリストや現役の選手が講師として子供達に教えてくれます。会場ではパラスポーツの写真展示もあり、躍動感と迫力溢れる大判の写真からアスリート選手の力強さや真剣に向かい合う意気込みが伝わってきました。

▼パネルで説明してあり、分かりやすかったです。
061619

▼当日体験出来るパラスポーツの説明も。
061620

各教室は定員や年齢が決まっているので、受付で体験したい教室の整理券をもらい、会場に入ります。

体操教室


最初は全年齢対象の体操教室を体験しました。兄弟の年齢層が色々な我が家には体操教室は助かります。アトランタオリンピック体操競技日本代表の田中光選手が講師、コンビ芸人のガリットチュウのお二人がMCとして教室をサポートしながら盛り上げます。

▼芸人さんはトークが弾みますね!
061606

教室に参加している年齢層は一番上で1stぐらい。下は歩き始めた子ぐらいで年小〜年長さんの親子が多かったです。腕立てや片足バランス、マットを使った前転などを実演しながら丁寧に教えてくれました。

▼筋肉美素晴らしい福島さんの奇跡的な1枚が撮れました
061625

▼前転は田中選手が直接手助けしてくれました
061626

▼前転が面白かったみたいで何度も何度も回る3rd
061627

▼5thは解放されて体操している兄達を横目に自由にハイハイしていました
061623

最後に一緒に写真を撮る時間もあり、記念に一緒に写真撮ってもらえました。

▼田中選手のお陰で安全に前転出来るようになりました!
061609

▼子供抱っこするとパパの顔!ガリットチュウの福島さん
061605

▼滑舌悪い芸人さんなのにMCで盛り上げて下さったガリットチュウの熊谷さん
061607

ボッチャ教室


後半はボッチャ(boccia)という競技を体験しました。ボッチャとは、ヨーロッパで生まれた重度脳性麻痺者もしくは同程度の四肢重度機能障がい者のために考案されたスポーツで昨年のリオ大会では日本は銀メダルを獲得!!今大注目のパラリンピック正式種目です。

▼中身はお手玉みたいなジャラジャラした物が入ってます。
061617
▼子供が持つとこのぐらいのサイズ感。程よい重さがありました。
061610

競技は男女の区別のないクラスに別れて行われ、個人戦と団体戦(2対2のペア戦と3対3のチーム戦)があり、赤と青のボールを各6球ずつ投げたり、転がして、白のボール(ジャックボール)へ多く近づけるかという競技。ボール版カーリングみたいなので子供から大人まで、ボールとコート(場所)があれば出来るスポーツです。

▼白のボールめがけて投げるって意外と難しいです。
061613

こちらは日本ボッチャ協会の新井大基さんが講師、ニューヨークのお二人と南海キャンディーズのしずちゃんがMCで、ルール説明やゲームを進行を行うのですが。

▼デモンストレーションで真剣にルールを説明してくれました
061611

基本情報:子供はボールが好き




順番にボールを投げないといけないルールが分からず一斉にボールを投げたり、下から投げてと、発言しているそばから上投げでコートアウトするボールが続出。ゲームの要となる白のボールを掴んで離さなかったり、芸人さんめがけてボールを全力投球してみたり。

▼さすが3年生は理解が早く下投げしてました
061621

全部の球を投げ終わったら採点ですが、子供達待てずにすぐボールを回収する(確保に走る)ので採点が出来ません。
ニューヨークのMCに「ボール持ったらあかん!」と言われてもジリジリ近づき、早くボールを回収したい子供VS採点したい芸人さん。シズちゃんが必死に「あかん!動いたらあかん!」と止めているのに子供達はボールを拾いたくて、1人が拾うと一斉に子供が動くので芸人さんが負けていたりと、単身の芸人さんなので子供の特徴や扱いが少し不慣れな所が面白く親御さん達も終始笑って和やかな雰囲気でした。

▼投球後はボールに子供が群がって採点が出来ないw
061614

それでも何度かゲームを行うと未就学児でもルールが分かってきたらしく、白いボールの近く目指して投球し始め、採点前のボール取り合いも無くなってきました。最後は記念撮影してボッチャの体験は終了しました。

▼3rdはピカチュウの子と名付けられてました
061604

▼大好きなしずちゃんと5thと一緒に撮影!髪サラサラで女子力高いです!
061600

▼MCキングコングの梶原さん達の進行による閉会式。061602

他にも車椅子バスケットボールブラインドサッカーなど、普段あまり体験できないパラスポーツもあり、子供だけでは無く大人も一緒にパラスポーツを楽しめる時間となりました。
参加賞に公式グッズのタオルとファイル(×子供の人数分)も頂き、無料で選手や講師に指導される教室に参加出来て、選手や芸人さんにも会え、参加賞まで頂けたパラスポーツフェス。パラスポーツを自身が体験して楽しさやルールが分かると一層興味が湧きますね!子供達も盛り沢山な内容に「楽しかったーーー!」「他のもやりたかった!」とテンション高めで言っていたので、またフェスがあったら今度はパパも誘って家族全員参加したいと思います。
振り返ると、フラッグを観るという目的をすっかり忘れ、フェスにずっと参加していたなと気づきました。(結局フラッグは観ていません)

▼我が家の東京オリンピックアイテム第1号になりました!
061603

以上、気分が運動モードとなったので帰りに公園に立ち寄り、調子に乗って鉄棒で逆上がりやグライダーなどをやったら見事、翌日・翌々日と全身筋肉痛+腕が上がらなくなった伊藤でした。

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*

■新宿区HP
『パラスポーツフェスタを開催 子どもたちが障害者スポーツを体験』
新宿区広報掲載ページ

■吉本興業HP
吉本ニュースセンター

日本ボッチャ協会HP


写真の掲載可否は運営に確認・了承を頂いてから使用させて頂いてます。今回は公認プログラムなので使用の許可を頂きました。

関連キーワード

コメントを投稿する

■お名前
■コメント

※コメントは承認制です。反映までしばらくお待ち下さい。
日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

プロフィール

伊藤愛

伊藤愛

東京都

夫・息子8歳(小3)・娘7歳(小1)・息子5歳(年長)・息子3歳(年少)・娘8か月(0歳児クラス)
普段はWEBデザイナー、趣味のネイルは目指せプロ!指先美人で家族がハッピーに♪

カテゴリー

最新記事

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログランキング「おでかけ」

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。