あんふぁんメイト

「あんふぁん」「あんふぁんぷらす」本誌でも活躍する「あんふぁんメイト」は読者を代表するスペシャルサポーター。あんふぁんメイトがブログで日々のちょっとためになる情報を発信します。

目指せ材料費ゼロ!enjoyリメイク工房

縄から手作り!お正月飾りをハンドメイド!

こんにちは

2017年もあとわずか・・・

大掃除や年賀状作成など
年越し準備を始める時期ですね

いつも年末のバタバタに流され
適当に用意しているお正月飾りですが
今年はハンドメイドしてみました☆

い草を綯って 縄も手作りしてみたところ
案外簡単にできましたよ

私は「縄から作れるかも!?」と
興味本位なところもあり
縄作りにも挑戦してみましたが
¥100ショップなどに
何も飾りのついていない「ヌードしめ縄」
というのがあるようです

それを購入し 飾りつけをするだけでも
オリジナルの素敵なお正月飾りが
できると思います♪

*「あなたも♡行事ママ」で
紹介していただいています→☆

作り方:い草を綯う

い草の束・ワイヤー・ペンチ・軍手
を使います♪

P1600627

い草の束を 握って直径1.5㎝くらいになる量とり
根元側の端をワイヤーで留めて束にしたものを
3つ作ります

P1600631

3つの束のうちの2つを
根元で重ねて ワイヤーで留めます

P1600634

2つの束 それぞれを捩じっていきます

*お正月のしめ縄飾りについては
縄を捩じる方向など しきたりなどが
あるようです

ネットで調べてみたところ
捩じる方向(時計回り?反時計回り?)や
捩じり方も 様々な作り方が紹介されていて
何が正解か判断できませんでした

もしかしたら 地域や宗派?によって
違いがあるのかもしれません

ひとまず ネット上で多く紹介されていた
捩じり方で作ってみました!

→両手の平の間に い草の束を挟み
右手の平を手前に 左手の平を奥に
スライドさせて い草を捩じっていきます

束の根元は 何かで押さえるなどして
動かないように 固定しておきます
(私は膝で押さえました)

P1700520

1本目の束が捩じり終わったら
ほどけないように捩じった先を
何かで押さえるか 誰かに持っていてもらい
2本目の束も同様に捩じっていきます

P1700521

2本の束が捩じれたら

P1700523

それぞれの束を 捩じり合わせます

この時 先ほどとは反対方向に捩じり合わせると
縄をしっかりときつく綯うことができます

→右側の束を奥から左側に
左側の束を手前から右側に動かし
捩じり合わせます

P1700524

途中で緩まないように
きつく捩じり合わせます

P1700525

先端近くまで捩じり合わせられたら
ワイヤーで固定します

P1700527

束2本を捩じり合わせた縄ができました

P1700529

続けて・・・

束2本を捩じり合わせた縄の根元に
3本目の束の根元を重ね

P1700531

ワイヤーで固定します

P1700532

3本目の束を 1&2本目の束と同様に捩じり

P1700533

捩じった3本目の束を
1&2本目の束を捩じり合わせた縄に
更に捩じり合わせていきます

→左側にある 3本目の束を
1&2本目の束の上に被せるようにして
右側にもっていき
1&2本目の束の下に巻き付けて
左側から出す・・・

これを繰り返しながら
捩じってできた 縄のラインに
沿わせるようにして
3本目の束をぐるぐると巻き付けていきます

P1700537

先端まで巻き付けられたら
ワイヤーで留めておきます

P1700538

3本の束を綯った 縄ができました!

P1700541

縄の綯い方の動画(2倍速)はこちら↓
*分かりやすいように
い草の代わりに「タオル」を
ワイヤーの代わりに「輪ゴム」を使っています

端と端を 重ねて「輪」にし
ワイヤーで留めます

P1700544

い草の毛羽立っているところは

P1700546

ハサミで切り落として 綺麗にします

毛羽立ちを無理やり引っ張ったりすると
縄が緩んでしまったりするので
ハサミで切って処理します

P1700547

い草のしめ縄が完成です

P1700548

縄を「輪」にする際 根元と先端の重ね方や
向きなども決まりがあるようですが
こちらもよくわからず・・・

ネットで「しめ縄飾り」の画像検索を
してみたところ 色々なタイプが出てきて
やはり正解がわかりませんでした^^;

関連キーワード

コメントを投稿する

■お名前
■コメント

※コメントは承認制です。反映までしばらくお待ち下さい。
日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

キーワード検索

幼稚園関連サイト

  • こどもがまんなかPROJECT
あんふぁんWebは子育てママを応援しています。